20年後も通用する、
強い事業を。

少子高齢化や人手不足が深刻化する今、必要なのは未来への進化。
その一歩を、私たちがサポートします。

相談する

ロボット導入・DX推進で
こんなお悩みありませんか?

  • ロボットを導入したいが、社内に詳しい人がいなくて困っている
  • DX推進に興味はあるが、何から始めればよいのか分からない
  • DX推進やロボット導入について幅広くサポートしてほしい
  • 5Sなど職場環境を改善したいが、どうすればいいのか分からない
  • 北九州市で信頼できるところにお願いしたい

北九州市ロボット・DX推進センターで
できること

  • ① 産業用ロボット・IoTの導入やデジタル化に関するアドバイス
  • ② 活用可能なツールやシステム導入に関するアドバイス
  • ③ 5S活動など工場内の現場改善に関するアドバイス
  • ④ システム化が可能な業務範囲の整理支援
  • ⑤ システム導入に向けた社内規則・制度の整備支援
  • ⑥ サイバーセキュリティ対策に関する支援
  • ⑦ デジタルを活用した事業拡大に関するアドバイス
  • ⑧ 公的な支援制度に関する情報提供
チラシを見る

北九州市ロボット・DX推進センターでは
主に2つの支援を行っております

01

産業用ロボット等導入支援

生産現場を訪問し、現状の問題点の洗い出しや、ロボットを用いた生産ラインの自動化の提案を行い、生産性の向上をお手伝いします。

面倒・高度な作業を自動化!

ロボット導入支援

02

DX推進サポート

テレワークやWebを利用した採用活動等、ITツールを取り入れた新しいビジネススタイルへの転換を図る事業者様に対して、専門家を派遣し課題解決を支援します。

生産性・企業価値の向上!

DX推進サポート

産業用ロボット等導入支援

北九州市ロボット・DX推進センターの
産業用ロボット等導入支援とは

北九州市ロボット・DX推進センターでは地元企業へのロボット導入を総合的に支援します。

北九州市では、新成長戦略に基づき、リーディングプロジェクトの一つである我が国をリードする
「ロボット産業拠点の形成」を目指し、ロボット導入による地元企業のものづくり力の強化に取り組んでいます。

この一環として、生産性向上に意欲的な地元企業へのロボット導入を総合的に支援する
「北九州市ロボット・DX推進センター」を北九州学術研究都市内で運用しています。

ロボット導入のメリット

01

品質の安定化

02

作業時間の短縮

03

人手不足の解消

04

作業環境の改善

05

ロボット人材の育成

産業用ロボット等導入支援の事例紹介

CASE #01

三品産業におけるロボットの活用

企業名オーエーセンター株式会社(GRAN DA ZUR)

テーマロボット導入によるチョコレート製造工程の生産性向上

労働生産性 1.8倍
人数 15人 → 12人
労働時間 11時間 → 11時間
生産量 7,000個/日 → 10,000個/日

CASE #02

複雑・困難作業のロボット化

企業名株式会社戸畑ターレット工作所

テーマアルミダイカスト製品のバリ取りロボット化

労働生産性 13.8倍
人数 12人 → 5人
労働時間 19.2時間 → 8時間
生産量 1,200個/日 → 2,880個/日

CASE #03

熟練技能の代替・支援

企業名株式会社ネクストクリエイション(高石餅店)

テーマロボット包餡機の導入による生産性向上

労働生産性 5.0倍
人数 3人 → 1人
労働時間 6時間 → 5時間
生産量 400個/日 → 550個/日

産業用ロボット等導入支援の流れ

生産現場を訪問し、現状の問題点の洗い出しや、
ロボットを用いた生産ラインの自動化の提案を行い、
生産性の向上をお手伝いします。

技術的なアドバイスはもちろん、関連業者の紹介や費用面の検証、
補助金の案内等幅広くサポートします。

01

お問い合わせ

ロボットによる生産性向上にご興味がありましたらお気軽にお問い合わせください

02

訪問

ロボット導入の専門家が貴社の工場の生産ラインを拝見します。

03

導入検討

導入による生産性向上が可能かどうか、導入効果の検証や導入方法などのアドバイスを行います。

04

導入

検証結果を元にメーカーとの打合せなどをサポートし、納品から稼働まで支援をします。

ご相談・お問い合わせ

相談・お問い合わせは以下のフォームからご連絡ください。

相談する

DX推進サポート

北九州市ロボット・DX推進センターの
DX推進サポートとは

当センターでは、テレワークやWebを利用した採用活動等、ITツールを取り入れた新しいビジネススタイルへの転換を図る北九州市内の事業者様に対して、専門家を派遣し課題解決を支援します。また、必要に応じて国・県のIT導入補助金の活用を支援します。

DX推進サポートの内容

DXに関する質問
の回答

DXで活用可能な
目的別のITツール
・システムの紹介

DXの実施に向けた
社内規則・制度の
整備支援

DXが可能な業務範囲の
整理支援

DXに向けた
ITツール・システム・
機器導入アドバイス

サイバーセキュリティ対策
強化の支援

その他、ITを活用した
事業実施に関する
アドバイス

DX推進のメリット

01

生産性を
最大化できる

DXの推進により既存業務の内容をデータ化することで、業務の自動化や、無駄な作業の削減が可能に。また競争優位性の高い業務を探し、ピンポイントでリソースを投下できるため、既存の体制で生産性を最大化させることへもつながります。

02

ニーズに合った商品・
サービスを開発できる

DXの取り組みの一つとして、IoTやSNSを通して顧客のデータを収集することがあげられます。収集したデータで、既存顧客のニーズの変化のみならず、潜在顧客の発見や、売上につながる新たな商品やサービスの創出のヒントが得られます。

03

環境の変化にも
対応可能に

DXの推進は、近年注目されているBCP(事業継続計画)やリスクマネジメントとしての側面も兼ね備えます。紙書類の電子化ならびテレワークの導入で、不測の事態にも対応可能に。従来の業務プロセスを見直し、環境の変化に強い企業体質へ転換できる点もメリットの一つです。

DX推進サポートの事例紹介

CASE #01

支援先業種:リフォーム業

  • 60代の2名で運営するリフォーム業者より、インターネットを利用可能になったため、業務のデジタル化を進めたいとのご相談
  • スマホからPCに画像をコピー後、プリンタで印刷する方法、EXCELで作成した見積書・請求書をPDF化し、メールに添付して送付する方法、オンライン会議ツールの利用方法等のレクチャーを実施
  • 現場写真の印刷、見積書・請求書のメール送信は実際に活用され、業務効率化に寄与

CASE #02

支援先業種: 語学教室

  • コロナの影響により閉校を余儀なくされた語学教室のオンライン教室開催・予約等の運用構築に関するご相談
  • オンライン会議ツールの比較検討、SaaSとして展開する各種オンライン予約システムの比較検討を実施
  • 無料で使えるオンライン予約システムを利用し、オンライン教室の開催に着手済み

CASE #03

支援先業種:金型製作

  • 金型図面などのペーパーレス化および共有化の推進に関するご相談
  • 「DXとは何か」のご説明およびDXの目的と手段の整理を促すワークショップを開催し、ロードマップの作成支援までを実施
  • 今後、「PIYOT(ピヨット)」「HIBIKIT(ヒビキット)」の導入を始めとしたDXの推進が見込まれる ※ PIYOT、HIBIKIT:北九州IoT実践研究会が開発した作業進捗や生産進捗の見える化システム

DX推進サポートの流れ

01

電話・webフォームからご相談

DX推進による生産性向上にご興味がありましたらお気軽にお問い合わせください

02

DXコーディネータとの初回面談で支援の方向性を打合せ

DXコーディネータと支援の方向性をお打ち合わせ致します

03

DXコーディネータによる支援計画書の作成・専門家の選定

DXコーディネータが支援計画書を作成し、DX推進に適した専門家を選定致します

04

支援の実施

支援面談会場もしくは訪問型支援・Web会議等で支援を実施致します

  • 専門家派遣開始日程は別途調整となります。
  • ご提供いただいた個人情報は、本事業以外の目的で使用致しません。
  • 専門家派遣は、支援が必要と判断される場合に、専門的見地から診断や助言等を行うものです。

ご相談・お問い合わせ

相談・お問い合わせは以下のフォームからご連絡ください。

相談する

北九州市ロボット・DX推進センターの
よくあるご質問

サポート対象企業を教えてください
北九州地域の中小企業及び小規模事業者(個人事業主を含む)が対象となります。ただし、専門家派遣は北九州市内に拠点(本店、支店、営業所ならびにこれに類する施設)を有する方が対象となります。詳細はお問合せ下さい。
具体的なサポート内容・回数を教えてください
産業用ロボットに関しては導入に向けた問題点の洗い出しや生産性向上に向けた提案など。DX推進に関しては初期対応としてデジタル化可能な業務範囲の整理やITツール/システムの紹介、さらにはデジタル化に向けた初期導入サポートなどが受けられます。この他、5Sに向けた支援も可能です。支援内容に応じて回数の上限等が異なりますので、詳しくはお問合せください。
補助金はありますか?
関連する公的補助金のご案内や申請のサポートも可能です。
サポートはどこで行われますか?
貴社への訪問のほか、北九州市内で相談対応可能な場所(若松ひびきの/小倉/八幡)を設けております。また、オンラインでのご相談対応も可能です。

ご相談・お問い合わせ

ご相談お問い合わせは以下のお電話もしくはフォームからご連絡ください。

企業・団体名必須
住所必須
部署・役職名
業種必須
お名前(漢字)必須
お名前(フリガナ)必須
電話番号必須
メールアドレス必須
相談項目必須
相談内容必須
プライバシーポリシー
公益財団法人北九州産業学術推進機構(以下「当財団」という。)は、個人情報保護の重要性を認識し、以下の方針に基き、個人情報の保護に努めてまいります。

1.法令等の遵守 「個人情報の保護に関する法律」及びこれに関連する法令等を遵守します。また、当財団に「個人情報保護規程」を策定し、個人情報の適切な保護・管理に努めるとともに、職員への周知徹底を図ります。

2.個人情報の取得・利用 個人情報を取得する際は、利用目的をできる限り特定し、適法かつ公正な手段により取得します。 また、利用目的を通知又は公表し、原則として本人から取得し、目的の範囲内で利用します。

3.第三者への提供 法令に定めがある場合を除き、あらかじめ本人の同意を得ることなく個人情報を第三者に提供いたしません。 個人情報の扱いを外部に委託する場合は、委託先の管理責任を契約により定めるなど、適切な措置を講じます。

4.安全対策の実施 個人情報は、できる限り正確かつ最新の状態に保ち、個人情報への不正アクセス、紛失、改ざん、漏えい等を防止するための措置を講じます。

5.保有個人情報の開示・訂正等 保有個人情報について本人から利用目的の通知、内容の開示・訂正、利用停止などの請求があった場合は、速やかに対応いたします。

お問い合わせ窓口
個人情報の取扱いに関するお問い合わせは、下記の窓口で承ります。

公益財団法人
北九州産業学術推進機構(FAIS)総務企画部総務経理課
〒808-0135 北九州市若松区ひびきの2-1
TEL:(093)695-3111
E-mail »メールでのお問い合わせはこちら

平成17年11月制定
公益財団法人北九州産業学術推進機構

利用目的
当財団及び北九州学術研究都市に関する広報及び情報提供のため
北九州学術研究都市内施設の管理運営のため
北九州学術研究都市学術情報センターにおける図書貸し出しサービスのため
北九州学術研究都市キャンパスカード発行及びサーバ管理のため
北九州学術研究都市研究者情報の作成のため
産学連携に関する事業の推進及び情報提供のため
中小企業支援に関する事業の推進及び情報提供のため
当財団が実施する会議、講座、イベント等の運営のため
関連イベント等のご案内のため
財団職員の採用及び人事管理のため
各支払い手続きのため 業務上必要な書類の郵送、電話、メール等での連絡のため