北九州市ロボット・DX推進センター

産業用ロボット 導入支援

Support for Implementation of industrial robots

ロボット導入に関する
「困った」を解決します。

ロボット導入による業務効率化、補助金の活用方法など、公的機関のコーディネーターのサポートでワンストップで支援します。

FEATURE

産業用ロボット
導入の
3つの特徴

産業用ロボットは、人手不足・作業環境の改善といった製造現場の課題を解決し、生産性向上を実現するための有効な手段です。北九州市では、「北九州市ロボット・DX推進センター」を拠点として意欲のある地元企業の産業用ロボット導入を総合的に支援しています。

特徴01

作業環境の改善・
安全性の確保

産業用ロボットの導入により、溶接、塗装、重量物の搬送などのいわゆる3K作業をロボットが行うようになります。その結果、作業員の安全衛生面の向上と負担軽減が実現します。

特徴02

生産性向上・
人手不足の解消

産業用ロボットの導入により、製造ラインの無人化、稼働時間の延長が可能になり、生産性向上が実現します。単純作業をロボットが担当することにより、人間にしかできない、高付加価値の業務に集中することが可能になります。

特徴03

品質の向上と安定化

産業用ロボットの導入により、塗装や溶接などの工程において、製品の品質の向上と安定化が実現します。

SERVICE

よくあるご相談

当センターでは、産業用ロボット等の導入を考える北九州市内の事業者様に対して、相談員を派遣し課題解決を支援します。

品質の安定化に関する相談

作業時間の改善相談

導入コスト・公的補助金制度に関する相談

人手不足解消の相談

作業環境の改善相談

ロボット人材の育成相談

CASE STUDY

サポート事例の
ご紹介

CASE01

鉄道レール継ぎ目板の
製造工程におけるロボット活用

九州鉄道機器製造株式会社

課題

  • 人手不足と属人化が進んでいた。
  • そのため、作業環境の改善と作業の一般化が必要になった。

施策

  • 継ぎ目板のバリ取りロボットシステム(AI付きビジョン)を導入

効果

  • バリ取り作業の無人化による継ぎ目板製造工程の省人化を実現
  • 作業員の安全衛生面の向上と負担軽減を実現
  • ロボット導入により期待できる付帯効果
  • ロボットの取り扱い技術者育成と他工程のロボット活用への展開
  • 社員の技術力、モチベーションの向上、地元の新卒者の雇用創出

CASE01

鉄道レール継ぎ目板の
製造工程におけるロボット活用

九州鉄道機器製造株式会社

課題

  • 人手不足と属人化が進んでいた。
  • そのため、作業環境の改善と作業の一般化が必要になった。

施策

  • 継ぎ目板のバリ取りロボットシステム(AI付きビジョン)を導入

効果

  • バリ取り作業の無人化による継ぎ目板製造工程の省人化を実現
  • 作業員の安全衛生面の向上と負担軽減を実現
  • ロボット導入により期待できる付帯効果
  • ロボットの取り扱い技術者育成と他工程のロボット活用への展開
  • 社員の技術力、モチベーションの向上、地元の新卒者の雇用創出

CASE02

アルミダイカスト品の
バリ取り作業へのロボット活用

株式会社 戸畑ターレット工作所

課題

  • 人の手を介す作業の後半になると生産性や品質が低下していた。

施策

  • アルミダイカスト品のバリ取り作業へのロボット導入

効果

  • ロボット導入によりアルミダイカストマシンとバリ取り作業工程を同期・連結した生産方式が可能になり、大幅な生産性向上を実現
  • 作業員の安全衛生面の改善と負担軽減を実現
  • バリ取り品質の安定化を実現

CASE02

アルミダイカスト品の
バリ取り作業へのロボット活用

株式会社 戸畑ターレット工作所

課題

  • 人の手を介す作業の後半になると生産性や品質が低下していた。

施策

  • アルミダイカスト品のバリ取り作業へのロボット導入

効果

  • ロボット導入によりアルミダイカストマシンとバリ取り作業工程を同期・連結した生産方式が可能になり、大幅な生産性向上を実現
  • 作業員の安全衛生面の改善と負担軽減を実現
  • バリ取り品質の安定化を実現

CASE03

塗装作業におけるロボット活用

有限会社 專塗工業

課題

  • 作業環境が厳しく、職人離れが課題だった。
  • 塗装品質の確保ができる職人の減少や高齢化、技術の伝承が問題となっていた。

施策

  • 粉体を吹き付ける塗装工程にロボットを導入

効果

  • 配電盤・制御盤内部品の粉体塗装作業における作業員の負担軽減と作業環境の改善
  • ロボットの塗装作業で塗装膜厚の均一化により塗装面の仕上がり品質の向上を実現

CASE03

塗装作業におけるロボット活用

有限会社 專塗工業

課題

  • 作業環境が厳しく、職人離れが課題だった。
  • 塗装品質の確保ができる職人の減少や高齢化、技術の伝承が問題となっていた。

施策

  • 粉体を吹き付ける塗装工程にロボットを導入

効果

  • 配電盤・制御盤内部品の粉体塗装作業における作業員の負担軽減と作業環境の改善
  • ロボットの塗装作業で塗装膜厚の均一化により塗装面の仕上がり品質の向上を実現
FLOW

サポートの流れ

STEP01

電話・Webフォーム
からご相談

産業用ロボットによる生産性向上にご興味がありましたら、お気軽にお問い合わせください

STEP02

初回訪問
 

ロボット導入の相談員が貴社の工場の生産ラインを拝見します

STEP03

導入検討
 

導入による生産性向上が可能かどうか、導入効果の検証や導入方法などのアドバイスを行います

STEP04

導入
 

検証結果を基にメーカーとの打合せなどをサポートし、納品から稼働まで支援をします

SUPPORTER SUPPORTER 

SUPPORTER SUPPORTER 

産業用ロボット導入
コーディネータのご紹介

産業用ロボット導入コーディネータが、地元企業の産業用ロボット導入を総合的に支援します。

片瀬 博治

片瀬 博治

かたせ ひろはる

ロボットセンター長

専門分野

ロボットシステム、企画・マーケティング、品質保証

藤田 康宏

藤田 康宏

ふじた やすひろ

事業化支援担当部長

専門分野

ロボット技術全般

西 正則

西 正則

にし まさのり

担当部長(ロボットテクノロジー担当コーディネータ)

専門分野

ロボット技術全般

的野 正生

的野 正生

まとの まさお

担当部長(ロボット担当コーディネータ)

専門分野

電子ハードウエア技術、ロボット技術全般

政村 啓司

政村 啓司

まさむら けいじ

担当部長(ロボット担当コーディネータ)

専門分野

ロボット営業及び事業推進

赤松 昭博

赤松 昭博

あかまつ あきひろ

担当課長(ロボット担当コーディネータ)

専門分野

ロボットアプリケーション技術全般

長松 郁男

長松 郁男

ながまつ いくお

コーディネータ(介護機器開発担当コーディネータ)

専門分野

ロボット技術全般

FAQ

よくあるご質問

Qサポート対象企業を教えてください
A北九州地域の中小企業及び小規模事業者(個人事業主を含む)が対象となります。ただし、相談員派遣は北九州市内に拠点(本店、支店、営業所ならびにこれに類する施設)を有する方が対象となります。詳細はお問合せください。
Q具体的なサポート内容を教えてください
A産業用ロボットに関しては導入に向けた問題点の洗い出しや生産性向上に向けた提案などに関する、相談員の個別相談などが受けられます。
Q補助金はありますか?
A関連する公的補助金のご案内や申請のサポートも可能です。
Qサポートはどこで行われますか?
A貴社への訪問のほか、北九州市ロボット・DX推進センターでのご面談、オンラインでのご相談対応も可能です。
CONTACT

ご相談・お問い合わせ

企業・団体名必須
住所必須
部署・役職名
業種必須
お名前(漢字)必須
お名前(フリガナ)必須
電話番号必須
メールアドレス必須
何を見て申し込まれましたか?必須
相談項目必須
相談内容必須
希望の返信方法必須
プライバシーポリシー
公益財団法人北九州産業学術推進機構(以下「当財団」という。)は、個人情報保護の重要性を認識し、以下の方針に基づき、個人情報の保護に努めてまいります。1.法令等の遵守 「個人情報の保護に関する法律」及びこれに関連する法令等を遵守します。また、当財団に「個人情報保護規程」を策定し、個人情報の適切な保護・管理に努めるとともに、職員への周知徹底を図ります。2.個人情報の取得・利用個人情報を取得する際は、利用目的をできる限り特定し、適法かつ公正な手段により取得します。 また、利用目的を通知又は公表し、原則として本人から取得し、目的の範囲内で利用します。3.第三者への提供法令に定めがある場合を除き、あらかじめ本人の同意を得ることなく個人情報を第三者に提供いたしません。 個人情報の扱いを外部に委託する場合は、委託先の管理責任を契約により定めるなど、適切な措置を講じます。4.安全対策の実施個人情報は、できる限り正確かつ最新の状態に保ち、個人情報への不正アクセス、紛失、改ざん、漏えい等を防止するための措置を講じます。5.保有個人情報の開示・訂正等保有個人情報について本人から利用目的の通知、内容の開示・訂正、利用停止などの請求があった場合は、速やかに対応いたします。お問い合わせ窓口個人情報の取扱いに関するお問い合わせは、下記の窓口で承ります。
公益財団法人 北九州産業学術推進機構(FAIS)総務企画部総務経理課
〒808-0135 北九州市若松区ひびきの2-1
TEL:(093)695-3111

平成17年11月制定
公益財団法人北九州産業学術推進機構利用目的当財団及び北九州学術研究都市に関する広報及び情報提供のため
北九州学術研究都市内施設の管理運営のため
北九州学術研究都市学術情報センターにおける図書貸し出しサービスのため
北九州学術研究都市キャンパスカード発行及びサーバ管理のため
北九州学術研究都市研究者情報の作成のため
産学連携に関する事業の推進及び情報提供のため
中小企業支援に関する事業の推進及び情報提供のため
当財団が実施する会議、講座、イベント等の運営のため
関連イベント等のご案内のため
財団職員の採用及び人事管理のため
各支払い手続きのため 業務上必要な書類の郵送、電話、メール等での連絡のため

お電話からのお問い合わせはこちら 093-695-3090 受付時間|平日9時〜17時